スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターリングラードの戦い 占領の証22

 今にも、構えたザク・マシンガンで攻撃しようとした瞬間、ザクの左足の関節に何かが当たり、エルガンの乗っているコックピットにも衝撃が若干ではあるがきた。
「関節に対MS弾・・・やられたな」
 次第に視界が斜めに落ちていく。警告音が鳴り響く中、レバーを引き、なんとか水平に保とうとしたが、さらなる追撃がザクを襲った。
「今度はランドセルか・・・」
 今更逃げられるような時間はない。脱出は間に合わないだろう。
「メーデー、メーデー。こちらエルガン。第3戦闘団本部へ。当機はまもなく停止する。繰り返す、当機まもなく停止する」
 エルガンは静かにレバーから手を離し、倒れるのをじっと待った。


 
 緊急信号を傍受したのは中隊長のケーニッヒ少佐であった。
「くそっ!エルガンめ・・・あそこのMS小隊は全滅か・・・」
『少佐、砲兵隊に援護要請しますか?』
「そうだな・・・。第2中隊はじきに突破される。そしたら確実に連邦がなだれ込んでくるだろう。一旦残りの部隊を下がらせろ。メガ粒子砲とネーベルヴェルファーⅡを、のこのこ河岸からやってきた奴らに思う存分喰らわせるんだ!」 これである程度は防げるだろう。問題は、対岸の敵の砲兵だ。厄介なことに、定期的にこちら側の河岸の陣地を砲撃し、ジオン側に損害を与えていた。砲撃で陣地が突破され、その隙に河岸から連邦兵がわらわらと向かってくる。それを今度はジオンの装甲部隊やMS隊、“ママエフの丘”や市街地内部の砲兵隊が壮絶な反撃をし、ヴォルガ河に蹴落とす、という順序で攻防が繰り広げられた。まるで永遠に続くかのようだった。
『次から次へと・・・いつまで続くんですかね・・・?』
「ここでずっと足止めされていたからな・・・。本来なら2日以内でヴォルガ河を渡河していた予定なんだが・・・ヴォルガ河目指して1ヶ月だ。これじゃ補給が続かなくなるだろうし、下手すれば東欧戦線南部でこうやって部隊が“スターリングラード”に釘付けになっているから、いつの間にか連邦に包囲されてコーカサス方面の部隊も一緒に潰される可能性がある。1日も早く攻略しなければ・・・」
 コックピットから降りて、ケーニッヒは、泥沼の戦いの惨状を改めて見つめた。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。