スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターリングラードの戦い 占領の証11

「重要なのは、MSと歩兵を分離させることだ。おそらく、随伴する装甲車に歩兵が乗っているだろう。降りてくる前に撃破しなければならない」
 “ザク”が突破口を開き、戦車や装甲車、歩兵が周辺地域を制圧していくのなら、先に歩兵や戦車を倒して、MSを孤立させて追いつめた方が効果的である。そして、それをできるだけの兵力を持っているのだ。
「他の部隊との連携はどうするんですか?」
 キース二等兵は聞いた。部隊がたくさんあっても、連携できなければただの寄せ集めの部隊に過ぎない。
「大隊は、3個中隊あるから、第1と第2の2個中隊を敵部隊を分離させる攻撃に、残りの第3中隊と対MS小隊を孤立したMS部隊の攻撃に充てることにした。他にも、戦車隊が増援として来るそうだ。俺達は第3中隊だから、MSへの攻撃をする」
 配置は問題ないと思われる。ある程度敵を掃討し、その後戦車に“ザク”を攻撃させればいい。
「でも、あまり期待はするな。さっき言ったように、戦車は市街戦であまり活躍できるとは思えない。あくまでも、俺達だけで戦うと考えろ」
 そうしているうちに、近くのビルからバズーカの発射音と、何かが爆発する音が聞こえた。
「始まったみたいです」
 すでに装甲車が爆発し、悲鳴が聞こえた。
「よし!俺達も行くぞ!ソコロフとキースはミックの援護を。残りは俺についてこい!」
「じゃあ、俺達は怪我しているザンチェフ伍長を川岸まで運ぶぞ」
 砲兵達が自ら提案した。
「すまないな。伍長を頼んだぞ。よし、各員行動開始!いいか、終わるまで全員生き残れ!それが俺からの命令だ!」
 ついに、ソコロフ達の戦いが始まった。そして、その戦いは、連邦軍の“スターリングラード”での反攻作戦の始まりでもあった。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。