スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターリングラードの戦い 占領の証9

「大隊本部より無線が来ています」
 イワノフが再び傍受した。
『第2大隊本部より各小隊に告ぐ。これより第86狙撃兵連隊は、“ママエフの丘”に対する攻撃を開始する。目標は、敵本部!掲げられている敵の旗を降ろすのだ!
 第1大隊は丘に対して牽制攻撃を仕掛け、我が第2大隊は丘のふもとにおいて待ち伏せを。第3大隊が本攻撃。以上だ。
 すでに他の2個連隊が攻撃を開始している。苦しい戦いになると思うが、これに勝てば我々の勝利は近くなる!健闘を祈る!』
 ひどく単調で、他人事のように言っているとしか考えられなかった。
「簡単に言うものだ!上のお偉いさんはっ!」
 軍曹は憤慨した。上下関係がハッキリされている軍隊だからこそ、上に対する反発が多くなる。
「旗を降ろせか・・・旗は“そこを占領している”ことの証ってことだな・・・」
 昔から、“旗”というものは、そこに存在する象徴・証として使われてきた。そして、ジオン軍も同じように、丘の頂上に旗を掲げている。
「で、軍曹。どのように攻撃するんです?」
 ソコロフは肝心なことを聞いた。
「まあ、状況は“待ち伏せ”という形だから初期の攻撃で敵の戦力を大きく削らせることはできるが、問題は、“ザク”だ」
「やはり、仮に戦車隊がいても役に立たないのですか?」
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。