スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターリングラードの戦い 占領の証8

 ソコロフ達の連隊は“ママエフの丘”奪還が目標となっていた。ここから丘に行くには結構な時間がかかる。さらに、ジオン軍の戦力が重点的に配置されていると考えられるだろう。
「ああ、その通りだ」
 すると砲兵の1人が表情を暗くした。
「さっき聞いた話だが、“第62突撃歩兵師団”が“ママエフの丘”でわずか1時間で全滅したらしいぞ。たったの1時間でだ!」
「1時間!?1時間で全滅したのか!」
 “突撃歩兵師団”というのは、欧州東部戦線で即席に編成された歩兵師団のことで、ジオン軍の地球降下作戦後に徴兵された一般市民が大量に所属している。欧州戦線での歩兵師団の急な消耗に部隊補充が追いつかず、正規兵の減少もあって、現地でまだ軍属についていない若者が徴兵されたのである。ほとんどまともな訓練を受けずに戦場に投入されており、練度の大幅低下は否めない状況であった。これではただ単に若者を減らしているだけに過ぎないのだが、なにしろジオン軍の電撃的な戦線拡大で、訓練どころではなかったのだ。
 戦場に送り込まれた若者達は、将校の演説を聞きながらその場で、十分な整備がされていないような銃を受け取り、自分よりも上の階級の者にひたすらついて行くという、統制のとれていない攻撃であったのだ。
 だが、東部戦線に配置されている歩兵師団すべてがこの“突撃歩兵師団”というわけではない。また、戦争勃発直後に一般市民の中にも志願兵として入隊した若者は正規兵として扱われ、普通の“歩兵師団”や“機械化歩兵師団”、“機甲師団”に配属された。これらはある程度組織的な行動をすることが可能で、敵に対し効果的な反撃をすることができた。しかし、訓練を何年も積んだ正規兵よりは司令部の思ったように動くことはできなかった。
 ソコロフは、徴集兵でありながらも、銃の取り扱いや基礎訓練などをした経験があるために、“突撃歩兵師団”ではなく、「第96東欧狙撃兵師団」という一般の“歩兵師団”に配属された。同様に、キッパー軍曹やキース、イワノフ、クレシフ達もそうであった。ちなみに、欧州東部戦線では、通常の“歩兵師団”のことを“狙撃兵師団”と呼んでおり、狙撃兵が集まった師団のことではない。
「だが、命令がある。まだ出てはいないが、そのうちでるだろう」
 軍曹はあくまでも命令を守ろうとしていた。
「そうか・・・それが軍人としてあるべき姿なのかもな・・・」
 “軍人としてあるべき姿”・・・それは、一体どのようなモノなのか、ソコロフには分からなかった。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。