スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターリングラードの戦い これまでの戦況3

 オデッサ一帯を確保したジオン軍は、そこを基盤として進撃を開始した。「第1軍」が「ハリコフ」、「キエフ」、「ミンスク」方面に向かい、「第1機甲軍」は「バルカン半島」、「イタリア半島」方面に向かった。
 「第1MS師団」と「第4歩兵師団」が2日で「ミンスク」まで進撃し、「第2MS師団」が「ワルシャワ」を制圧した。残りの「第3MS師団」と「第1・2・第3歩兵師団」は「ハリコフ」にて連邦軍の抵抗に遭遇し3日ほどかかった(「第1次ハリコフ攻防戦」)が、それでも進撃を続け、攻勢開始から5日で「クルスク」まで戦線を広げたが、進撃は止まった。一部の部隊は、「モスクワ」まであとわずか8キロというところで止まってしまった。(「東部戦線」の構築)
 一方の「第1機甲軍」は、「第1軍」よりも快進撃が続いた。わずか3日で「バルカン半島」、「イタリア半島」を制圧し、それどころか「第4MS師団」と「第6MS師団」は「マドリード」まで進撃し、「第5MS師団」と「第7MS師団」が「パリ」を陥落させ、「第1・第2・第3機甲師団」が「アルデンヌ森林地帯」を超えて「北海」まで進撃した。(「西部戦線」の構築)
 「第1軍」の進撃が遅くなったのは、「ハリコフ」での連邦軍の必死の抵抗にあった他にもあった。1つは、時期的にロシアの広大な大地では春の雪解けが始まっており、非常にぬかるんだ地面が続いていたからだ。そのため、2足歩行のMSはもちろん、キャタピラや車輪の戦闘車両は移動が遅くなった。さらに、後方の補給部隊も同じように動けず、すぐに補給線は伸びきった。そしてもう1つは、連邦軍の戦力の割合が、西欧に比べて東欧のほうに重点を置いており、また「61式戦車」などの機甲戦力が多めに配置されていたからである。
 逆に、西部戦線の連邦軍は次々と敗走し、一時的に「アラス」という小さな町の近くで反撃をしたものの(「アラスの戦車戦」)、「ダンケルク」からドーバー海峡を渡ってブリテン島に撤退してしまった。
 こうして、西部戦線の連邦軍は大陸から駆逐され、抵抗した東部戦線でも連邦軍は弱体化した。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。