スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターリングラードの戦い 戦車の守り人1

ジオン軍は「スターリングラード」全域での攻撃を始めた時、重要なポイントをいくつか決めた。それは、市街地を占領する時に、ジオン・連邦両軍にとって重要な拠点である。たとえば、戦車工場や、船着き場、燃料貯蔵所などだ。まず、市街地をある程度見渡せる「ママエフの丘」を奪取し、その後、歩兵、特技兵、工兵、砲兵、戦車隊、MS隊などを混成させた「戦闘団(カンプフグルッペ)」が市内に散らばって制圧する、という2段階になっていた。「戦闘団」の中にも何種類かあり、例えば直接市街地の敵部隊に切り込みをかける先鋒の部隊は、歩兵や工兵が多く配置されており、逆にMSの数が少ない。

 そして、市街地の北に位置する「ミコルスキートラクター工場」もまた、ジオン軍の重要拠点の一つとされていた。
「まいったな・・・エンジンがかからん」
「ええ、あと数時間あれば直ると思うのですが、なにしろ専門の技術者がいませんので・・・」
 戦車隊を指揮するヤコヴィッチ中尉とその部下のボロゾフ伍長がため息をついた。
「で、ボロゾフ。戦車はあと何両残ってる?」
「それが・・・・コイツを除いてあと2両しか残ってないんです・・・」
「へっ?あとは?どうした?」
「他は、ここに逃げ込む前に全部がザクの攻撃で・・・」
「そんなバカなっ!たかがザク2機に全滅したのか?」
「はい・・・」
「たった3両で何ができるというのだ・・・」
 もともと、このトラクター工場では、一年戦争勃発後、生産ラインをトラクターなどの農業機械から戦車などの兵器に変えていた。もう少しでミコルスキー工場製第一次車が生産されるはずだったのだが、それを間近にして、ジオン軍の攻撃を受けてしまった。幸い、全面占領までは至らず、肝心の生産ライン自体は守り切れたが、そう長くは持たないだろう。
「ブレジーネフ中佐は何と言っているんだ?」
「中隊本部は、人民委員の命令により、工場の死守を最優先するようにと・・・」
 どうやら部隊の実権は人民委員にあるらしい。
「それと、ブレジーネフ中佐は反逆の疑いで射殺され、今は代理のズボフ少佐が指揮をとっています」
「ふざけた話だ。どうせ、中佐が人民委員に口出ししたのだろうな]
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。