スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決心3

「お、おい。何だこの振動は!」
 ただの爆発事故ではない。表の港口から何かが入ってくるのが見えた。
『ただちに避難してください。繰り返します・・・』
 コロニー側から避難命令が発令された。人々がなだれになって逃げていく。その列の頭上にはザフトの誇るMS(モビルスーツ)
「お、おい!そこのキミ!早く逃げろ!」
「な、何があったのですか?」
 男は地球軍の軍服を着ていた。
「ザフトがヘリオポリスに侵入したんだよ!」
 表からザフトが侵入したのなら裏口はまだ大丈夫に違いない。
「裏の港口はどうやって行けばいいんですか?」
 答えてもらう暇もなかった。
「き、キミ!待て!」
 聞いていられる場合じゃない。というか何で中立のコロニーに地球軍がいるんだよ。
「キミ!グレイ・ホーカーだろ!」
 突然自分の名前を呼ばれた。なぜ知っているのだ?その人をよく見ると、
「あ、あなたはカトウ教授!」
「ああ、そうだ。そんなことよりもこの車に乗るんだ!」
 カトウ教授という工学系の人の後ろには軍の所有物と思われる車が停まっていた。
 彼はヘリオポリスの工業カレッジの教授でゼミを開いている。僕も何回か話したことがあるが、まさか地球軍に所属しているとは考えもしなかった。
「ゼ、ゼミの人達と一緒じゃないんですか?」
 車を飛ばしていてうるさいが、僕は聞いてみた。
「今日はたまたま出張だったんだ。だから生徒とは別々さ!」
 出張って、地球軍の仕事なのか。
「そんなことよりも、着いたらこの服に着替えるんだ」
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。