スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初陣はガダルカナル3

 それに気付かなかった僕たちは大失態を招いてしまった。はじめは予定どおり進んだ。だが、5人が何かの音を鳴らしてしまったのだ。カランカラン・・・
 しばらく沈黙が続いていたが、その途端、一部の地面がポコッと開いて中から日本兵が飛び出すあるいは銃撃をしてきた。かなり混乱した。とにかく瞬く間に包囲され危うく全滅しかけた。しかし、その銃撃音を聞いたのか、仲間が後ろから援護をしてきてくれた。
「ここは一時期撤退を!」
「だが、第2小隊は攻撃を仕掛けてしまう!もう後には引けん。全員、総攻撃を命じる。できる限り攻勢を崩すな!」
「りょ、了解」
 こうして無理やり突破して敵の背後になんとか突き、支援を開始した。が、もうその時にはほとんど敵は片づけられており、無意味な状態だった。
「なぜ第2小隊は攻撃を仕掛けたんだ?まだ笛は鳴らしていない!」
「たしかに笛の音を聞いたそうです。もしかしたら、日本軍の笛だったのかもしれません」
「ふん、まあいい。拠点の確保には成功したんだ。しかし、今の戦いでかなり疲弊している。今夜の進撃は停止して仮眠しよう」
「わかりました」
 仮眠と言っても2時間ぐらいだった。夜明け前に既定の飛行場前に到着しないといけない。ただでさえ遅れているのに、隊長がわざわざ休養の許可を出してくれたぐらいだ。その分の借りは返さないとな。
 幸い、予定時刻の30分遅れで済んだが、それでも中隊長は不満気味だった。
「なぜ第2小隊と第3小隊は遅れたんだ?まさか、休養をしていたんじゃないだろうな」
「いえ、拠点の確保に手間取っていていただけです。それ以外にはなにもありません」
「ならいい。だが、予定通り攻略はしてもらおう。俺達D中隊の強さを上層部に見せてやる」
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

すけさん

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。