スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から合宿

ついに今年もやってきました

陸上部夏期強化合宿

ああ、去年のを思い出しただけで怖くなる・・・

坂ダッシュ、100×50本、山登り走、エンドレスリレー・・・

友達が肉離れ再発とかで、ちょっとガタガタな状態だけど、乗り切ってみせる

とりあえず、合宿を機に、100Mで11秒台を出せるようにしたい
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

スターリングラードの戦い 戦車の守り人3

 おそらく、新任の中隊長の挨拶か何かだろう。
「失礼します」
 静かに本部のドアを開けた。中には人民委員が2人と、将校が5人ほどいた。そして、真ん中にいた少々小太りの人が声を出した。
「おお、君がここの担当指揮官の・・・」
「ヤコヴィッチ中尉であります」
「ああ、中尉。私が中隊長代理のズボフ少佐だ。挨拶代わりに談笑したいところだが、事態が事態なのでとりあえず簡潔に話そう。その前に、中尉、今第1プラントの状況はどうなっている?」
 少佐自身、自分が中隊長になるとは思っていなかったのだろう。ヤコヴィッチは、壁に貼り付けてあった工場の地図を指差しながら話し始めた。
「今現在、我々は工場南部に位置する第1プラントと第3プラントの2つの施設を拠点として陣地を構築しております。敵との直接の交戦は少なく膠着状態にありますが、散発的なゲリラ攻撃や定期的にあるジオン空軍による爆撃などで、死傷者が増大しています」
「そうか・・・こちらから出るつもりはないのか・・・?」
 少佐は、人民委員を横目に小さな声で返事をしてきた。
「ええ、今までに何度か挑戦したのですが、この間の第3プラント奪還以外は全て失敗し、負傷者が今も取り残されています・・・」
「だが、それは戦力が整っていなかっただからだろう?今なら、増援も来た。戦力が増大したのだから、こちらから攻めても構わないだろう」
 監視していたラスコフ人民委員が口を挟んだ。
「しかし人民委員殿、大規模な反撃を開始するには入念なヴォルガ河対岸の砲兵隊による支援砲撃を受けて、ある程度敵の戦力を疲弊させるか、外部から別部隊による突破を図らなければ・・・」
 ズボフ少佐が、まるで教科書に書いてあるような模範的な事を並べた。
「ふん!そんなもの無理に決まっているだろう。我々「第4混成中隊」と「第58特別中隊」のみで突破を図るのだ。他の手を借りる暇などない」
 相変わらず人民委員は言動が冷たい。だが、教科書どおりにしか考えていないズボフ少佐も困る。
「それは・・・・・はい、分かりました。なんとか突破できるようにします」

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

スターリングラードの戦い 戦車の守り人2

 人民委員とは、各中隊に随伴する監視部隊のことで、命令に逆らったり、反逆行為をするような人がいないかを監視している。さらに、作戦に関する発言権も持っているので、少しでも弱腰な内容だと、強制的に変えられてしまうのだ。
「ま、何はともあれ今は呼び出された俺が中隊本部に出向く必要があるようだな」
 ヤコヴィッチは、中隊本部の命を受けて、戦車の操縦ができる数十名の兵士を引き連れて、このトラクター工場で戦車を受領すべく来ていた。そこに、ちょうどジオン軍が攻めてきたのである。
 突然降りかかってきた砲弾と、どんな攻撃も寄せつけない巨大な人型兵器「ザク」の前に、工場付近一帯に展開していた連邦軍は総崩れとなった。ヤコヴィッチ達も合流し、奮戦の末、なんとかザクと戦車を倒し、跳ね返した。が、払った犠牲は大きく、最初稼働していた15両の戦車と、これからヤコヴィッチ達が受領する新品の戦車10両が、破壊された。残ったのは、攻撃をギリギリ受けなかった第1プラントにあった、故障していて現在修理中である1両のみだった。また、工場を防衛する戦力の大幅な低下によって、防衛範囲が狭まってしまった。さらに、ジオン軍はすぐさま増援を送り込み、戦車やザクなどの大型兵器を投入せず、短砲身の小型カノン砲や迫撃砲の支援を受けつつ、歩兵や工兵を大量に投入してきた。そのせいで、まだ立ち直れていなかった連邦軍は、さらなる痛烈な攻撃をもろに受けることになった。次々とジオン軍のサンドバック状態になった部隊が、各施設で孤立し、各個撃破されていった。ついに、連邦軍が守っているのは唯一、第1プラントだけになってしまったのである。
 それからしばらくの間孤立状態にあったが、敵も疲弊しているらしく、膠着状態にあった。そんな中、味方の空軍の必死の空爆とヴォルガ河対岸の砲兵の砲撃の支援を受けて、味方の部隊が包囲網を突破してきた。それが、ヤコヴィッチの所属する「第4混成中隊」と「第58特別中隊」であった。それまで一番階級が高かったヤコヴィッチに代わり、ブレジーネフ中佐が指揮をとることになった。それから、増援部隊とともに第1プラントの防衛線を強化し、日夜続くジオンの爆撃に耐えながらも陣地を構築した。また、時々こちらから攻撃を仕掛けたりしてすぐ隣の第3プラントを奪還するなど積極的になり始めていた。だが、再び始まったジオン軍の混成部隊による波状攻撃に晒され、部隊の消耗スピードが早まった。また、突破口を開いた後方の補給線が断たれ、また孤立してしまった。
「もうじき、弾薬も食料も底をつくだろう。そうなったら俺達は・・・」
 反撃には出るものの、はっきり言って敗北するのは目に見えている。誰もが悟っているのだろうが、口には出さない。
「運任せってとこか・・・」
 ヤコヴィッチは、ため息をつきながらも3階の持ち場から、中隊本部のある地下の貯蔵庫へと向かった。

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

うぅ・・・やだああああ!

エロゲをやっててつくづく思ったこと・・・・


とりあえず言うと、すべてにおいて共通ルートから個別のルートに入った時点で、必ずやってる自分自身が萎えてくる

なんでヒロインは主人公にこんなにベタ惚れなんだ・・・つーか、こういう事って現実にあり得るのか・・・?いや、あるのかもしれない・・・



かつて、元リア充の知り合いから聞いた話で、告白やセクロスがマジでエロゲみたいなシチュエーションになったっていうらしい

それを聞いて思ったこと・・・




なんでテメェにはあって俺にはないんだよ


チャンスは平等に来るはずだ


現実を見れば、そこらじゅうにいるイチャラブカップル、エロゲをやれば自分はプレイヤーとしてただ見ているだけの萎える状況

ある意味、逃げ場がないんじゃない

theme : 日記
genre : 日記

スターリングラードの戦い 戦車の守り人1

ジオン軍は「スターリングラード」全域での攻撃を始めた時、重要なポイントをいくつか決めた。それは、市街地を占領する時に、ジオン・連邦両軍にとって重要な拠点である。たとえば、戦車工場や、船着き場、燃料貯蔵所などだ。まず、市街地をある程度見渡せる「ママエフの丘」を奪取し、その後、歩兵、特技兵、工兵、砲兵、戦車隊、MS隊などを混成させた「戦闘団(カンプフグルッペ)」が市内に散らばって制圧する、という2段階になっていた。「戦闘団」の中にも何種類かあり、例えば直接市街地の敵部隊に切り込みをかける先鋒の部隊は、歩兵や工兵が多く配置されており、逆にMSの数が少ない。

 そして、市街地の北に位置する「ミコルスキートラクター工場」もまた、ジオン軍の重要拠点の一つとされていた。
「まいったな・・・エンジンがかからん」
「ええ、あと数時間あれば直ると思うのですが、なにしろ専門の技術者がいませんので・・・」
 戦車隊を指揮するヤコヴィッチ中尉とその部下のボロゾフ伍長がため息をついた。
「で、ボロゾフ。戦車はあと何両残ってる?」
「それが・・・・コイツを除いてあと2両しか残ってないんです・・・」
「へっ?あとは?どうした?」
「他は、ここに逃げ込む前に全部がザクの攻撃で・・・」
「そんなバカなっ!たかがザク2機に全滅したのか?」
「はい・・・」
「たった3両で何ができるというのだ・・・」
 もともと、このトラクター工場では、一年戦争勃発後、生産ラインをトラクターなどの農業機械から戦車などの兵器に変えていた。もう少しでミコルスキー工場製第一次車が生産されるはずだったのだが、それを間近にして、ジオン軍の攻撃を受けてしまった。幸い、全面占領までは至らず、肝心の生産ライン自体は守り切れたが、そう長くは持たないだろう。
「ブレジーネフ中佐は何と言っているんだ?」
「中隊本部は、人民委員の命令により、工場の死守を最優先するようにと・・・」
 どうやら部隊の実権は人民委員にあるらしい。
「それと、ブレジーネフ中佐は反逆の疑いで射殺され、今は代理のズボフ少佐が指揮をとっています」
「ふざけた話だ。どうせ、中佐が人民委員に口出ししたのだろうな]

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

更新するの忘れてたww

日記を更新するのすっかり忘れてたww


というわけで、ざっと6月の日記をまとめます。

 5月末の中間テストも終わり、「あまつみそらに!」が届いてよっしゃーと浮かれていたのもつかの間。6月に入ってすぐに北海道研修旅行ww。
 6月6日から11日までの弾丸ツアーww。初めて逝った北海道は雄大な景色とグルメに魅了されて金(特にお札)がズルズルと消えていったw。印象に残ったのは、札幌で夜特別に許可を貰って外でジョギングした時に通った夜の時計台。幻想的だった。疑問に思ったのは、なぜ時計台に赤い☆がついてる?ソヴィエト赤軍なの?ちなみに、函館で初めて買ったお土産がfigmaのフェイトさんのフィギュアw。ホテルを転々として、途中の釧路プリンスホテルでは俺の知らない間に俺の黒歴史が作られたww。旭山動物園で人間社会の縮図(ニホンザル)を拝んでから帰宅。
 次の日の12日と13日、旅行で疲れていたのにも関わらず、陸上の大会。出たのは、100Mと4×100リレー。100Mはスタートの体勢で睡魔に襲われ記録出ず。仲の良いお隣さんの学校の生徒たちに叩かれたww。
 休み明け、その1週間はお隣さんの学校が沖縄に研修旅行で逝ってしまったので、ずっと2年は俺の学校しかいなかった(地獄)。副部長が動かないので俺が指揮権はく奪。傀儡政権確立ww。でも、その間に1年の女子と仲良くなれたので良しとしよう。可愛いなあwwあの子w。
 それからは、フツーにテストまで1週間を過ごし、期末テスト突入ww
 物理が・・・ヤバいです




ユーブック

theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

Author:すけさん
ご覧いただきありがとうございます。

職業 鉄道員
趣味 ガンダム・ 旅行・鉄道

好きなアニメ ガンダム系
好きな映画 プライベートライアン ブラックホークダウン
好きな音楽 ポルノグラフィティ・いきものがかり

などなど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
Yahoo!トピックス
中古ならココ!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
本を売るなら!
ブックオフオンライン
今日は何の日?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
主力戦車!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。